Actress

LAST&SEX 死生観とエロス

今回の一年ぶりに舞台出演をする予定だったのですが…COVID-19の影響で開催延期になりました。詳細未定ですが、2021年1月予定です。

あれほど苦しめられて辛いつらいと言いながら芝居をするのに辟易としていたはずなのに、ステージの仕事をしてしまうのはなんだか矛盾しているのですが、作家の魅力に取り憑かれてしまったのですね。

LAST&SEX 死生観とエロス。私が追い続けていた世界観そのものなんですよね。今年のテーマはどこまで内面を晒されるか。晒し者にしかもしたたかに、それでいて、どうしたら人に愛されたいという生意気で曖昧な理想掲げていたのですが、、、

美しい顔、美しい身体でいることは当たり前で、しかしながら、美だけでは人の心を動かせないと仕事を通じ痛感する日々でした。

早くステージを通じ、心震わせたい。震えたい。

関連記事

  1. Blog

    舞台覆面2018千秋楽

    やっと終わりました…平成最後の夏は長い長い夏でした私は今まで、映像…

  2. Blog

    フェルメール展

    日本では知らない人はいらっしゃらないくらい有名な画家ですね。先日上野の…

  3. Blog

    ピエールボナール

    広告やポスターの父と呼ばれ非常に親日家で近現代史の移り変わりの中で活躍…

  4. Blog

    脳のグラビア

    宮藤あどねことクドウアドネです。こちらの撮影稼業がA面とするならば被写…

  5. Blog

    思うこと

    コロナ禍になり、自分と向き合うことが増え、テレワークも?妙に…

  6. Blog

    美しい人って

    “僕は、自分の考えを人に話す事は、基本的にしなくて。暫く引き篭もってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP