Blog

フェルメール展

日本では知らない人はいらっしゃらないくらい有名な画家ですね。先日上野の森美術館の展示のフェルメール展に行きました。

よく言われるのが、絵画の歴史は時代背景ともにある。この作者がどんな日常に置かれながらにしてどんな意図でこの絵を描いたかとかを想像するのがすごく楽しいのです。

今回を通してより素敵だなと思ったことが2点、まず、17世紀、オランダはチューリップが家を建てるのと同じ額で取り引きされていたり。現代とは物の価値がかなり変わってくるのですが、青の絵の具の原料とするラピスラズリが金よりも高級だった時代に、フェルメールの絵には沢山の青が使われていて、補色の黄色と用いて凄く美しいのです。

また、多くの画家はパトロンから支援を得る為に、宗教画や王族貴族の生活を切り取る絵が多い中で、敢えて市民の日常を描いたヒーローだったこの2点です。

人を知り、歴史が分かると、また自分の人生に還元出来たり鼓舞してもらえたり、美術館って良いですよね。

関連記事

  1. Blog

    コロナ禍 (2)

    緊急事態制限が出され、全国的な自粛要請を国が発動すると言う事態。各国…

  2. Blog

    The Great Gatsby in TOKYO

    舞台無事千秋楽迎える事が出来ました。すごく大変であり、楽しい舞台で、素…

  3. Blog

    コロナ禍 (1)

    高校生の頃、世界史を通して見た、現代の最大の恩恵はこの時代は感染症が…

  4. Blog

    大人になると言う事

    お誕生日を迎え、また、一つ歳を重ねてしまいました。でもいくつになっても…

  5. Blog

    2年ぶりのDVD発売です

    緊張しています。新しい人生が動き始めているそんな音がします。…

  6. Blog

    ピエールボナール

    広告やポスターの父と呼ばれ非常に親日家で近現代史の移り変わりの中で活躍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP